性病の一つである淋病は、淋菌が体内に侵入することにより炎症が起きる病となります。
そしてその感染経路としては、精液や膣分泌液などの粘液との接触が挙げられます。

男性の場合、主に感染する場所は尿道になります。
尿道が炎症を起こすため、かゆみや不快感が現れます。
また、排尿するときに激しい痛みが生じ、白く粘性のある膿が放出されます。
そして男性の場合、放置しておくと前立腺炎や精巣上体炎を引き起こす恐れがあります。
特に精巣上体炎が起きた場合は、最悪無精子症につながる恐れもあります。
ただし、男性の場合は尿道炎が起きた段階で激しい痛みに襲われるため、治療につながりやすいです。

一方、女性の場合はまず入口である子宮頚管に感染、炎症が起きます。
この時、菌を追い出すためにおりものが増加したり、炎症が生じている為に性行為時に痛みが生じることがあります。
その後淋菌は腹腔内に侵入、卵管などにも影響が及び、不正出血や下腹部の痛みが生じるようになってきます。

この時注意が必要なのが、女性の場合は男性に比べて痛みなどの自覚症状が少ないことです。
人によっては無自覚なまま症状が進行、卵管炎や骨盤腹膜炎が生じ、子宮外妊娠や不妊症につながる恐れがあります。

また、性病は性器に感染する病と考えられがちですが、セックスの方法によってはのどに感染する場合もあります。
というのも、淋病は粘膜を介して感染するため、のどの粘膜も感染経路に含まれるのです。

のどに感染した場合、腫れや痛み、発熱などの症状が起きることがあります。
ただし、これらの症状は必ずしも起きるわけではなく、無自覚のままということもあります。
また、性器への感染とのどへの感染は必ずしも同時に起きるわけではありません。
人によっては、のどに感染したが性器には感染していない、という場合も考えられます。

男女では性器に感染するという点では共通していますが、性器の構造が違うため症状の現れ方も異なります。
しかし男女問わず、もし性行為後違和感を感じたら早期に治療を行うことが大切です。

レボクインなどの淋病治療薬について

淋病が発見されたら、治療を行うことが重要となります。
その際使われるのが、レボクインなどの抗生物質です。
抗生物質を一定期間飲み薬や注射を通して投与し、菌が無くなったと確認されて初めて完治となります。

しかし、淋病の恐ろしいところは、次第に抗菌薬に対して耐性を持つようになることです。
例えば、淋病は以前はペニシリン系の抗生物質で対応していました。
しかし時が経つにつれ、しだいに淋菌はペニシリン系に対して耐性がつき、淋病の治療にペニシリン系は使用できなくなってしまいました。

そこで最近注目を集めているのが、「レボクイン」です。
これはキノロン系の抗生物質であるクラビットのジェネリック医薬品になります。
この薬は比較的最近開発されたもので、まだ比較的抗体を持つ菌が少ないという特徴があります。
一方で抗菌力は高いため、淋病などの性病をはじめ、様々な菌による病を治療することが可能です。
また、レボクインの場合は1日1回、1錠か2錠飲むだけで効果があるため、簡単に治療を行うことが可能です。

ただし、性病を治療する際に気をつけなければならないのが、薬を途中でやめないことです。
性病の多くは一定期間抗生物質を投与することによって、性病の原因となる菌を除去していきます。
この時途中で抗生物質をやめてしまうと、菌がまだ生き残っている可能性があります。
すると再び繁殖し、様々な症状が現れる恐れがあります。
また、途中で薬をやめてしまうと、その治療に使用していた薬に対して菌が耐性をもつ恐れもあります。

淋病を治療するための薬は、注射や飲み薬など、様々なものがあります。
またレボクインのようなジェネリック医薬品もあります。
医師と相談しながら、自分に合った薬を投与し、飲み切ることが重要となります。