単純ヘルペスウイルスに感染することにより、性器やその周辺がただれたり、腫瘍や水ぶくれなどが起きる性病が性器ヘルペスです。

一般的には性行為による感染が多いのですが、まれに出産時に母親から感染してしまい、乳幼児のうちに単純ヘルペスウイルスに感染してしまう場合もあります。
しかし、性器ヘルペスに感染しても、約6割の人には症状がでないとされています。
体内の抵抗力が落ちたときなどに症状が現れはじめるため、感染してもなかなか早期発見するのが難しい性病です。

性器ヘルペスの特徴として、男女別に症状が異なるという点があります。

まず、男女ともに共通する症状の出方は、性行為などで初めてウイルスに感染した場合、2~10日間の潜伏期間を経て、性器やおしりを中心に症状が現れるという点です。
性器の表面がヒリヒリしてきたり、むずかゆいような感じがした後に、かゆみや赤みを伴う発疹や水ぶくれが出てきます。
水ぶくれが破れてしまうと、皮膚がただれたような状態になり、同時に痛みも強くなっていきます。
太もものリンパ節の腫れや38℃以上の高熱がでることがあり、重症化すると髄膜まで達し、髄悪炎を引き起こす場合もあります。
早期に適切な治療を受けると1週間~10日の投薬治療で快方へ向かいますが、自然治癒には2~3週間かかります。

また、男性の場合は主に外陰部だけの発症ですが、女性の場合は子宮頚部や膀胱にまでウイルスが入りこんでしまう場合があります。
妊娠している場合は、出産時の母子感染につながったり、排尿時の痛みにつながったりと女性特有の症状を引き起こします。

性器ヘルペスは何度も再発を繰り返す病気です。
一度、身体に入りこんでしまった単純ヘルペスウイルスは治療によって、その増殖を抑制することはできますが、完全に消滅させることはできません。
そのため初感染者の80%の人が1年以内に再発をしてしまうと言われていますが、再発の場合は初発のときよりは症状が軽くなるのが一般的です。

バルトレックスなどのヘルペス治療薬について

性器ヘルペスの治療薬としては、バルトレックスとゾビラックスが主に使用されています。
最初はゾビラックスが副作用も少なく、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果のある薬として広く使われていましたが、服用回数が多いというデメリットがありました。
それを改善して新しく開発されたのが、バルトレックスという薬です。
有効成分の化学構造を変化させ、体内での吸収効率を高めた結果、服用回数が少なくても十分効果のある薬が出来上がりました。

バルトレックスもゾビラックスも医師からの処方箋がないと購入できないので、医師や薬剤師の管理下のもと、適正な用量・用法で使用していれば、大きな副作用は起きにくいとされています。
バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を主成分とする抗ウイルス剤です。
性器ヘルペスでは初発と再発では感染するウイルスが異なることが多く、初めての感染だと単純ヘルペス1型、再発のときはヘルペスウイルス2型が多いとされています。
バルトレックスはその両方に効果があり、バルトレックス500mgを1回1錠、1日2回が基本の飲み方です。
服用期間は症状が治まるまで5~10日間のみ続けますが、再発を抑制するために、症状が治ってからも長期間にわたって飲み続ける人も少なくありません。

ゾビラックスもバルトレックスと同様に内服薬として処方されてることがあります。
しかし、1日に服用する回数は5回程度となり、バルトレックスに比べ、服用回数が多くなり、飲み忘れなどのリスクがでてきてしまいます。
そのため、内服薬として治療に使われることよりも、塗り薬や注射、点滴などで使用されることが多いです。

性器ヘルペスは発病してから時間が経ってしまうと、ウイルスが増殖してしまい、薬を服用してもすぐには効果が表れず、重症化する場合があります。
性器ヘルペスの治療は、発病してからできるだけ早いタイミングで治療を開始することが最も大切です。