性病は日本国内でも依然として報告例が多い感染症です。
他国に比べて衛生への意識が高い日本人ですが、性病は元々対策が完璧に出来ない事もあり、近年でも大勢の男女がそれに悩んでいます。
他の感染症は空気感染や接触する事で感染します。

しかし性病に関しては主に性行為での感染となります。
母子感染や輸血による性病感染という経路はありますが、稀な事例であり、国内で報告されている数々の実例はセックスによって発症したものです。
ペニスを女性器に入れるセックス、セックスを男性または女性のアナルに挿入するアナルセックスなどが性病の主な感染経路です。

また性病は互いの粘膜を濃厚に密接させる事で感染します。
お互いに相手を口や舌で愛撫し合う、俗にシックスナインと呼ばれる行為でも性病の感染は起きます。
また男性が女性器を舐める行為、反対に女性が男性のペニスを舐める行為などでも、感染は起きますので要注意です。

性病にならないために自分で出来る対策ですが、最も効果的でお手軽なのが、コンドームの着用です。
毎回コンドームを正しく装着すれば、性病感染のリスクを限りなくゼロに近づけられます。
コンドームは避妊具として有名であり、最近ではコンビニエンスストアやドラッグストア等で販売されています。

セックスをする前に男性がペニスを被せて使います。
コンドームを着用しておけば、カウパーや射精時の精液が、女性の体内に流れ込まず、避妊が成功します。
コンドームを装着すれば、お互いの性器がセックスをしても、物理的に密着しません。
薄いながらもゴムがお互いの性器を直に触れ合う事を防いでくれるため、性病感染の原因である濃厚な粘膜の長時間接触が無くなります。

コンドームを毎回、デートの時にしっかりと利用すれば、性病感染と希望しない妊娠のリスクが、一挙に2つ同時に避けられます。
コンドームは身近なお店で購入出来ますし、コンビニエンスストアであれば深夜遅くでも、気軽に買えます。

コンドームは正しく付けないと危険

コンドームは利用する事で実質的に100パーセント近い確率で毎回しっかりと避妊、そして性病感染が出来るリーズナブルなアイテムですが、正しく付けないと危険です。
最近では義務教育の保健体育の授業でも、コンドームの正しい付け方などを習います。
昔、中学校や高校などで付け方を習った事がある女性も多いはずです。

しかし、教科書で習っただけでは正しく付けられないものです。
特に多い失敗談としては、コンドームの空気を抜かずに、開封したまま手早く男性のペニスにつけてしまう事です。

ゴムの内側に空気が必要以上に溜まったまま、ペニスにつけてしまうと、それがピストンの真っ最中に圧力で破裂します。
ピストンの時に破裂に気がつけば、そこでセックスを中断出来ますが、男女ともに激しく愛し合っている時です、なかなか細かいところまでには注意が行き届きません。
セックスの途中に空気が原因で破裂してしまい、そのままセックスを最後までしてしまえば、精液が割れたところから膣に流れ込みますし、性病対策の効果も薄れてしまいます。

またコンドームは男性のペニスの根本までしっかりと被せなければいけません。
女性の中には男性に付けてあげる時に恥ずかしがって、ペニスの亀頭部分だけを被せるだけの方がいます。
確かに精液が出る亀頭部分だけをカバーすれば、避妊は出来そうですが、甘い装着状態のまま、男性がペニスを上下にピストンをすれば、出し入れする度に徐々に外れていきます。

膣の中で動かすうちにコンドームがいつの間にか外れていた、しかも男女共に興奮と集中でその事に気が付かないで、男性が普段通りの感覚で精液を出してしまえば、膣内射精と同じ結果になります。
更にコンドームが膣の中で外れてしまい、生の状態になってしまえば、粘膜同士が密着する事となり、性病感染の危険も上がります。
コンドームを利用しても正しい状態で着用しなければ効果は半減します。