男性、女性どちらも共通して言える事は、性病に絶対かかりたくないという事です。
性行為の経験がある男女であれば誰でも可能性はあります。
しかし、いくら気を付けていても確実に予防出来ない事もあります。
万が一性病になってもしまったらどうすればよいのか、またどこの病院で検査をすれば良いのか、様々な不安は付き物です。

性病になっても焦らず、まずは病院に行って性病検査をすることが先決です。
一刻も早い治療をした方が、男性女性共に安心ですので、いつもと何か違う症状があったり、怪しいな、と思う異性との性行為の後は迷わず検査することをお勧めします。
出来れば絶対に性病にかかりたくはないですが、万が一かかってしまった場合には参考にしてください。

性病かも?と思ったらどんな病院に行けばいいか

性病を疑ったらまずは、病院で検査をします。
男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科を受診します。
また性病科もあり、男性でも女性でも検査をすることが出来ます。
出来る事ならば性病に特化した性病科を受診する事が望ましいですが、性病科がある病院はまだまだ少なく、泌尿科や産婦人科と併設されている事が多い科です。
そして、健康保険によっては、家族や会社に性病科を受診したことがばれてしまいますので、極秘で受診したい方には不向きと言えそうです。

泌尿器科は男性女性どちらも受診可能ですが、どちらかと言えば男性が性病検査で訪れる事が多い科です。
尿路系専門の科ですので、あくまでも性病は受診対象の一つという事になります。
泌尿器科となりますと腎臓や尿管、尿道等、様々な臓器での受診が対象となりますので待合の年齢層も高く、待ち時間も長く、中には性病を苦手とする医師も存在します。
その為、性病を得意とする医師が泌尿器科に在籍しているという事を調べたうえでの受診が望ましいと言えます。

産婦人科の受診はほぼ女性が多いですが、婦人病であれば大体の検査が可能ですので、女性が性病を疑った際は産婦人科がおすすめです。
最近では、不妊治療をメインとした産婦人科も多く、不妊症の一環でなければ性病検査が出来ない病院も増えてきていますので、性病の検査だけであれば通常の産婦人科での受診がおすすめとなります。

また、妊婦検診の一つとして性病検査は必ず行われますので、妊娠中に妊娠前の性病が発覚した、というケースも少なくありません。
その場合は、お腹の中に胎児がいますので、大きな病院に紹介される事もあります。

泌尿器科や産婦人科を受診をしても、性病によっては皮膚科や外科を紹介される事もあります。
その性病とは、尖圭コンジローマですが、これは冷却したり焼却したりする治療を行いますので皮膚科や外科が紹介されることが多いです。
しかし、対応している病院であればその場での治療となります。
要は設備の問題で皮膚科や外科に紹介される場合がある、という事になります。

性病かも?と思う症状としてはいくつか例が挙げられますが、男性であれば男性器の痛みや炎症が主になります。
排尿をする際に痛みが生じる、膿が出た、赤くただれたという症状がある場合、性病を疑った方が良いですので、迷わず受診する事がおすすめです。

男性は、女性と違って、直に痛みとして症状が現れますので気が付きやすい、というのが特徴です。
中には症状がない場合もありますが、普段と違った色の分泌物が出る等は注意が必要です。

女性は、痛みを感じにくい為、おりものの変化で様子を見ます。
普段と色が違う見た目も違う、例えば黄緑色であったりカッテージチーズ状、黒っぽかったりという場合は性病が疑われます。
また、腐った魚の臭いや普段とは違った不快なにおいがする場合も炎症や雑菌が入っている証拠ですので、きちんと受診する事をお勧めします。