性病にかかったことがある人は意外に多く、性器などにトラブルが出たことを聞いたことがあるでしょう。
そのため性行為をする際には不安に思うことがあるものです。
しかし性病に対する認識を持ち、不特定多数の人と性行為をしないことで性病から身を守ることができます。

そもそも性病とは、体液の交換を以てウイルス感染する病気のことです。
空気感染や飛沫感染は当然含まれません。
風邪や食中毒などと根本的に異なるのがこの点です。
つまり性行為をしなければ感染のリスクはゼロになります。
ここでは不潔な環境などで感染するケースは考えないものとします。

性病は症状が自覚できるまで進行している例は少なく、病気になっていることに気付かずに不特定多数と性行為を行うことで感染が拡大していきます。
つまりパートナーを限定し、お互いにウイルスを持っていないことが確認されれば、当事者間で性行為をしているだけであれば感染のリスクは無くなります。
ただし人間の感情の問題ですから、知らないうちにパートナーが不特定多数の人と性行為を行うこともありますのでリスクの減少は可能ですが完全にゼロにすることはできません。

近年は性病に対する認識の高まりなどもあり、不特定多数との性行為を商売にしている風俗店なども対策を行うようになってきました。
それがお店の強みとなるという理由もあります。
しかしどの病気に対して対策を行っているかまでは公開されておらず、どの程度予防に効果があるのかは未知数であるのが実情です。

女性の場合は少し事情が異なり、風俗店などを利用することはありませんが、男性よりも性行為に繋がるきっかけが多いものです。
男性の意識が低ければ対策は全く行われませんので、ある意味では男性よりもリスクが高いという事ができます。
病気のリスクを減少させる目的もさることながら、パートナーとのみ性行為を行うだけで満足できる精神状態であることが、最も合理的かつ理想的な形ではあります。

こんなところにも落とし穴!屋外性行為による性病感染

不特定多数の関係ではなくても、性病に感染するケースがあります。
特にシャワーなどの設備が完備されていない屋外での性行為は感染リスクが高くなります。
特に若い方は場所に関係なく、いわゆる「良いムード」になることがありますが、注意をしておくポイントなのです。

海や車などでセックスをするケースがあり、それがさも誇らしいことのように言われていますが、病気の予防と言う観点からは間違った行い以外の何物でもありません。
多くの場合は関係の無い第三者に見られているのですから、モラルの観点からも屋外や海、車中での性行為は自重するべきです。

屋外には非常に多くの細菌があります。
けがをした時に適切な殺菌が行われないことで化膿してくることがありますが、性行為は皮膚の無い部分での摩擦があり、細かな傷が生じます。
ここに菌が入ればウイルス感染し、性器のトラブルへと発展していくことがあります。
その意味では傷口に汚れを付けるのと同じなのです。
けがをしたのに敢えて砂や泥などを付ける人はいないでしょう。

また、性行為でなくても不潔な環境での入浴やタオルの使用などでも性病に感染することがあります。
ウイルスによっては感染力が強く、屋外の不潔な環境で性行為を行うことはそのようなリスクを負うことでもあるのです。
パートナーと性行為を行う際には、寝具などを清潔にし、爪なども丸く整え、行為の前後に入浴をしましょう。
体調が悪い時は避けるのがより安全です。
また生理中は傷が付いているのと同じ状態ですから、精神的な部分も含めて、性行為を自重しておくべきです。

ポイントは性器は皮膚の無い部分であるという認識を持つ事です。
ちょっとした注意や清潔さの維持でリスクは確実に減少します。